花見小路~京都

 花見小路は京都の南北の通りで、北は三条通から

南は安井北門通りまでの

祇園の中心を通る通りで、

四条通の北と南で趣が異なります。

 

f:id:yumenotorireiwa:20210712104206j:plain

 

北はバーやクラブがテナントで入るビル街で、

南は元々は建仁寺の敷地で、由緒ある料理屋や茶屋が

建っています。

五條新町~大和

 奈良県の南西部に五條があります。

ここは紀伊街道と大和街道の交差する

交通の要所で、江戸の初め、二見に城を建てた

松倉重政がもともとあった五條村との間に

新町を企画して出来た町が、五條新町でした。

 

    

今は商餅一ツ橋の店は、看板はそのままで

チョコレート店に変わっていました。

河崎~伊勢市

 河崎は伊勢参りの参拝客が、伊勢湾を

渡って初めて辿り着く勢田川の河岸でした。

 

江戸時代、日本各地から集まる物資を売りさばく

問屋とその蔵が、勢田川沿いに立ち並んでいました。

 

    

今は営業していないのか、

大きなな商家の戸や窓は閉じられていました。

五箇荘金堂~東近江市

 近江商人のもう一つの故郷の五箇荘金堂は、

琵琶湖の東側にあり、安土城の山一つ越えた所にありました。

 

ここの近江商人は、行商から始め、江戸後期になると

呉服や綿絹製品を扱い、商圏を日本全国に拡大し

江戸京都大坂に店を持ち、明治以降は、大陸に進出して

百貨店を二十数店経営する者も出ました。

 

 

    

 

花筏通りとあきんど通りには、蔵が立ち並びます。

 

百貨店経営の三中井百貨店は、日本の敗戦で

外資産をほとんど失いました。

旧笠井邸~竹原

 


竹原は、古くからの瀬戸内海交通の拠点として発展し

港町として知られていました。

 

そんな竹原は、江戸後期から塩田の塩の生産が盛んとなり

遠く江戸大坂まで船で運ばれました。

 

   

 

古い町並みの本町通りには、浜だんなの笠井邸があります。

浜旦那とは、塩田経営者のことです。

今はこの笠井邸は、ひな祭り会場やイベントに使われています。

 

松下村塾~山口萩

 松下村塾は、江戸末期の山口県萩にあった私塾で、

吉田松陰の叔父の玉木文之進が始めました。

 

その私塾を松陰が引き継ぎ、塾生は五十人ほどで

その塾生が倒幕の志士となっていき、

そのほとんどが路頭に倒れ、

明治維新を見る事は出来ませんでした。

 

    イメージ 1

 

わずかに生き残った者たちは、伊藤博文山縣有朋

品川弥次郎、山田顕義など明治の顕官となりました。