やなか水のこみち~郡上八幡

 長良川と支流の吉田川が合流する

郡上八幡は、今は郡上市となっています。

 

水のきれいなところで、7月に開催される

郡上踊りも有名です。

 

そんな町の通りから入り込んだ場所に

やなか水のこみちがありました。

 

f:id:yumenotorireiwa:20210121103335j:plain

町屋と町家の間に、小石を撒いたこみちがあり

その横に小さい水の流れがありました。

山口

 江戸時代、防長2ヶ国の主になった長洲毛利藩は、

藩都を山陰の萩に置くように強制されましたが、

 

幕末に藩庁を、交通に便利な山陽の山口に移しました。

 

f:id:yumenotorireiwa:20210119095840j:plain

       旧野村家住宅

野村家は、酒造を営む商家で、萩往還の街道に面していました。

旧香港上海銀行長崎支店

 長崎の大浦海岸通りに、旧香港上海銀行長崎支店

石造りの建物があります。

 

f:id:yumenotorireiwa:20210118103538j:plain

ここは、明治37年の竣工で、支店廃止後、

警察署や歴史民俗資料館として使われてきました。

竹原~笠井邸

 江戸後期から塩田の塩の生産が盛んになり、

遠く江戸大坂まで北前船で運ばれていました。

 

竹原は、広島県東部の瀬戸内海の港町でした。

 

f:id:yumenotorireiwa:20210117100224j:plain

 

そんな竹原の古い町並みには、塩だんな(塩田経営者)の家で、

明治5年に建てられた笠井邸が残っており、

ひな祭りなどのイベントの開催場所として使われています。