松本城~信州松本

安土桃山時代末から江戸時代初めに かけて建造された松本城は外見の黒さから 烏城ともよばれ、白漆喰の白さから白鷺城 と呼ばれた姫路城と対比を見せますが、 共に国宝に指定されています。

湯浅~醤油発祥の地

有田川の南の入り江に醤油発祥の地で 知られる湯浅があります。 話ははるか昔の中世の頃、中国に渡った禅僧覚心が、 修業時代に中国で覚えた製法で、今のなめ味噌の一種を 造り、その味噌樽の底に溜まったのが、醤油の始まり という事でした。 ここ湯浅では…

大内宿~旧会津西街道

福島県の南会津の山の中に、旧会津西街道の 宿場町大内宿がありました。 ここは、下郷町の中でも、山手にある所で 半農半宿の茅葺屋根の民家が続きます。 会津西街道は下野街道とも呼ばれ、 日光の今市から会津若松を結んでいました。

建仁寺開山堂~京都

京都の四条通を花見小路沿いに南に下ると 突当りが、建仁寺です。 今テレビでやっている源頼家の開基で、開山が栄西という 禅宗の臨済宗のお寺です。 この寺の緑の濃ゆい場所に、開山堂という お堂があります。 ここは栄西禅師の入定塔(墓所)です。

嘉右衛門町~栃木例幣使街道

今は栃木市の一部となっていますが、 天正年間(1573~1592)に岡田嘉右衛門 と言う武士が荒れ地を開墾して、その土地に 幕府が嘉右衛門新田村という名を与えました。 その後岡田家は豪農として栄え、この領内の惣代名主になり 屋敷内に陣屋が置かれました。 …

高倉神社一の鳥居付近~大内宿

会津西街道の宿場町の大内宿には、 古い茅葺の民家立ち並んでいました。 高倉神社の一の鳥居の民家の屋根は、 新しく葺き替えらたようで 周りの茅葺屋根より色鮮やかでした。

飯坂温泉~福島市北

福島市の北にある飯坂温泉は、 日本武尊が東征のおり湯治した と伝えられる奥州三名湯に数えられる温泉です。 当時は、鯖湖の湯と呼ばれていました。 この温泉には、古今の俳諧人が多く訪れていました。 摺川沿いには、温泉宿が立ち並びます。

蔵の街栃木

栃木市の蔵の街大通りには、江戸時代に造られた店蔵を 利用した記念館がありました。 床屋さんの隣の店蔵は、山本有三ふるさと記念館といって 栃木出身の文豪山本有三の原稿や身の回りの品を展示しています。 もう「路傍の石」はどんな粗筋だったか思い出せ…

飛騨高山~岐阜

岐阜県の北部にある高山は、白山山地と 飛騨山脈の高い山々に囲まれた盆地にあり、 冬場はかなりの降雪があります。 江戸時代の初め城下町で、その後幕府の 陣屋の支配を受けました。 町中に古い商家の街並みを残します。

大内宿本陣~会津西街道

会津西街道の宿場町の大内宿の本陣は、 江戸時代のものは存在しません。 周りの他の宿場の本陣を参考に、下郷町が復元した 本陣がこれです。 本陣には一般の旅人は泊めることはできず、建物も広く 維持費も膨大にかかります。 江戸後期からは参勤交代で西街…

会津若松市庁舎

会津若松の市役所の前を偶然通りましたが、 古い庁舎を建て替えるのか、 盛んに地面を掘り返していました。 ここが市庁舎旧館の建物で、昭和12年竣工の 80年前のモノでした。 ここを壊して建て替えるのかと思いましたが ここは残すそうです。

八幡堀~近江八幡

八幡山に建つ城の外堀と、琵琶湖と城下を 結ぶ運河として造られた八幡堀は、物流の増加に寄与し 八幡商人の誕生を生み、商業の発達を促しました。 八幡堀の周辺には、商家やその蔵が立ち並んでいます。

嘉右衛門町~日光例幣使街道

日光例幣使街道が通る栃木市の 小さな町の嘉右衛門町は 天正年間に、岡田嘉右衛門という 武士が帰農し、荒れ地を開墾して 豪農となり、屋敷内に陣屋が置かれ 下野の惣代名主を務めました。 当時は宿場町の栃木宿に近く、 職人の家や商家が数十軒立ち並ぶ集落…

三桝屋本店~蔵の街大通り

日光例幣街道の宿場町であり、巴波川の 江戸への船便の問屋町で北関東の商都として にぎわった蔵の町栃木の蔵の街大通りに 今は、スターバックスの店が出来ていました。 その向こう側に、ひな人形・五月人形・破魔弓などを扱う 三舛屋本店が建っていました。

飯坂温泉~福島

福島市の北部にある飯坂温泉は、日本武尊が東征のおり 湯治したとも伝えられ、当時は鯖湖の湯と呼ばれていました。 奥州三名湯の一つに数えられるこの温泉には、 古今の俳人が数多く訪れています。

巴波川周辺~栃木

巴波川を利用した回漕業で財を成した、 黒塀に囲まれた塚田家の邸宅群が建っていました。 木材の回漕業は、切り出した木材で筏を組み、巴波川を下り 一昼夜をかけ江戸の木場まで運んでいました。

大内宿~会津西街道

江戸時代、日光の今市から会津若松を 会津西街道が結んでいました。 南会津の下郷の山の中に、当時の宿場の 大内宿がありました。 ここは、半農半宿の宿場で、茅葺屋根の民家が 軒を並べています。

宮城村田町

江戸時代水運による紅花の集散地として、 栄えた宮城県の村田町には、 華やかなりし頃の、商家の店舗や邸宅が 残っていました。 壁はなまこ壁で、タナグラ(店蔵)と呼ばれる蔵造りの店舗と 壮大な表門が軒を並べます。

肥料店~栃木蔵の町

栃木市の蔵の街を歩いていくと、あちこちに 肥料店の看板を目にします。 ここだけ肥料の需要が多いわけではないのでしょうが 目にしないだけで、私の故郷でもあるのか分かりません。 ちょっと歩いただけで5軒の肥料店を見つけました。

阿智神社南参道前~倉敷

阿智神社を南に下ると、倉敷の美観地区の 商家が建て込んだ、場所に出ました。 ここには飲食店や造り酒屋が軒を並べ、 昔ながらの街並みを残していました。 白壁に萬年雪と書かれているのは、 向かい側の森田酒造所の看板商品です。

城崎温泉地蔵湯~豊岡

兵庫県の北部の豊岡に城崎温泉はあります。 おおたに川の流域に七つの外湯がある城崎温泉は 兵庫県を代表する温泉です。 地蔵湯は、その昔源泉から地蔵尊が 出てきたことから名付けられました。 この外湯は、建物もそうですが、中も 広くモダンな造りになっ…

南会津の農村

今は集落の横を片道1車線の道路が通っていますが 前は、この集落を通る道が下郷町から会津に抜ける道だったのでしょう。 集落の中は、かなり寂れていますが、蔵のある民家が多く 当時はかなり栄えていたと思えます。 この集落の民家の特徴は、道路側に蔵があ…

コキリコの里~南砺市五箇山

合掌造りの民家と民謡の里として知らる コキリコの里が庄川流域の五箇山にありました。 ここは民家ではなく、お食事所の庄九郎 というお店でした。 ここの隣には、村上家住宅という 重要文化財の合掌造りの民家がありました。

相倉集落~五箇山富山

富山県の山の中にある五箇山の 庄川の流域に、合掌造りの郷の相倉集落がありました。 ここは冬場豪雪地帯で、雪に閉ざされます。 銀杏が紅葉する地主神社に行く途中に、 合掌造りの商店がありました。

西本願寺太鼓楼

京都の西本願寺は堀川通りに 大伽藍のある寺院ですが、 その東南の角に太鼓で時を知らせる 太鼓楼が建っています。 ここは、幕末新選組が押し込んできて、 太鼓楼と北集会所を屯所として使いました。

雅秀店舗~栃木蔵の町

旧例幣使街道の西木戸があった 幸来橋のたもとの北側に雅秀店舗という 見世蔵がたっています。 巴波川の塚田記念館の入り口の反対側の建物で、 黒漆喰切妻の土蔵造り2階建ての商家です。 今は営業していませんでしたが、タイヤ屋さんの店舗になっていました…

さざえ堂~円通三匝堂

みちのくの会津若松に、奇怪な建物がありました。 ここは正式には円通三匝堂で、 見た目は、掘立小屋と云ったら、罰が当たりそうですが、 寛永9年(1796年)飯盛山の正宗寺に建てられた六角三層のお堂です。 中は二重の螺旋状になっていて 登って最上階まで行…

白川郷荻原地区

岐阜県の北部にある庄川の流域に、 白川郷はありました。 ここは冬場は豪雪地帯で、 雪に閉ざされます。 昔は、冬場の農作業として、 合掌造りの屋根の2層3層部分で 養蚕をしていました。

坂越~播州赤穂

兵庫県の西の端の播磨灘に 坂越はありました。 ここは、北前船の西回り航路の 主要な寄港地で、最盛期には 豪商が回船業を営み、坂越浦には 大型廻船31隻、小型廻船15隻が犇めいていました。 当時回船業を営んでいた豪商の奥藤の 造り酒屋の酒蔵が続きま…

関宿~旧東海道

三重県の鈴鹿山脈の山すそに、旧東海道の47番の 宿場町の関宿はありました。 ここは、古くからの交通の要衝で、古代三関の一つ 伊勢鈴鹿の関が置かれていました。 街並みが残っており、伝統的町屋が 二百軒以上残っていました。